ホワイトニングマスクを使用したスキンケア

ホワイトニングマスクを使用したスキンケア

シミのスキンケアといえば紫外線が強い夏に力を入れる人も多いと思います。ところが肌が乾燥する冬季には意外とシミ対策まで意識が及ばない人が多いものです。

 

でも、実は冬の肌環境は皮脂や汗が減少し、必要な潤いを保つための皮脂膜さえも不足しがちになっていることをご存知でしょうか。

 

また、湿度不足や暖房器具による影響からも肌を取り巻く空気は乾燥しがちになります。冬の環境は肌には過酷なことが多いんですね。

 

このような環境に身を置いていると、肌の新陳代謝が乱れたり血行が悪くなることもあります。肌がカサついてきたと思えば、シミが出来てくるという症状もこのような環境が原因でもあるのです。

 

そこで冬の敏感肌には乾燥対策と潤いの補給が鍵になります。便利アイテムとして美白マスクの特別ケアを施してあげましょう。

 

一例ですが、ホワイトニングマスクを剥がしてから残っているエッセンスを活かして指の腹でフェイシャルマッサージをするとなお良いでしょう。

 

目の周辺、フェイシャルライン、ツボ押しなどを軽く流したり押したりします。そのうちに顔全体の血流がよくなります。

 

冬の季節こそホワイトニングマスクを使用したスキンケアでシミのない美しい肌を目指しましょう。

 

 

シミのためのスキンケアを考えるならビタミンCを効率よく摂取しましょう

シミの少ない美しい素肌を作るために必須の栄養素ビタミンC。スキンケアアイテムにもビタミンCを扱うものが大半です。ビタミンCは人の体内では生成することができない栄養素です。

 

それに水溶性であるビタミンCは体内で蓄積することも不可能なのです。ではどのようにしてビタミンCを摂取すればいいのかといえば、飲食物から毎日こまめに摂取できればいいのです。

 

ビタミンCが豊富な食材はアセロラ、レモン、緑黄色野菜などに含まれていることは女性もよく知っていることですよね。

 

でも毎日食事に気を配っていても受動喫煙や多大なストレスから活性酸素が発生してしまえばビタミンCを失うことにもつながります。

 

喫煙者であればタバコ一本を吸った時に体内から消失するビタミンの量が25mgと言われているようです。
人間は猫や犬のように生体内でビタミンCを含有することができないので、わずかなビタミンの浪費も致命的になります。

 

このようにストレスや喫煙でビタミンCを無駄にしないためにも、過度なストレスを負わない工夫と注意が必要になるのです。できるだけどシミを作らない工夫は、ビタミンC誘導体のスキンケアとビタミンCをいかに摂取するかが重要な課題になります。