顔色を明るくにはメイクの基本が一番

顔色を明るくにはメイクの基本が一番

「肌を明るくしたい」、そう悩んでいた時期がありました。

 

私の顔色は日焼けしたように色黒で、全体的にくすんで見えるからです。鏡で茶色い顔色を見る度に、ストレスを感じていた私はとりあえずメイクについてあらためて調べました。

 

そこで知ったのは自分の肌とファンデーションが合っていなかったという事です。

 

その時の私が好んで選んでいた色はナチュラルだったのですが、調べてみるとオークルやブラウンといった色味が濃いものが良いと知った時は衝撃でした。そういった暗い色はもっと大人になってからだと思っていたからです。

 

ですが実際に試してみると、ナチュラルを使うよりもずっと顔色は良くなりました。

 

あとはこれもネットで知りましたが、ファンデーションの重ね塗りも肌を明るくする方法として良かったです。オークルやブラウンカラーを塗ってからピンクといった淡いカラーのファンデーションを重ねる方法ですが、チークとは違う肌の色を引き立ててくれました。個人的にはとても気に入っています。

 

ただしデメリットを挙げるなら毛穴が広がりやすいところがありますが、悩みを解決できた時はとても嬉しく、爽快な気分でした。鏡を見るのがわくわくするぐらいです。

 

 

シミに効果的なビーグレンシリーズ

ビーグレンの製品シリーズは、どれもシミの改善に役立つことが期待できるとされています。シリーズの中でも化粧水は、肌のターンオーバーに働きかけるため、シミなどの沈着の原因を作りにくくすることが期待できるとみられています。

 

日常的なスキンケアで、ビーグレンの化粧水を取り入れることで、シミが少しずつ解消していくのではないかと思います。

 

ハイドロキノン入りの夜用ホワイトクリームは、紫外線の影響を肌に与えず、シミを作る原因を取り除くことが期待できるアイテムです、ビーグレンの中では重要であるとも考えられており、外出する機会がある際には、積極的にクリームを使ってケアすることが良いのではないかと考えられています。UVは肌にダメージを与えてシミを誘発することから、対策には有効であるとされています。

 

モイスチャークリームも、肌の角層に深く浸透して、シミの原因が起こりにくくなることに繋がっています。

 

他のアイテムと併用することによって、効果的にシミが生み出されないことにも関わっていくと考えられており、積極的に使用することが望ましいと考えられています。ビーグレンシリーズを積ま区使うことによって、シミができにくくなるため利用することが望ましいと提唱されています。

 

⇒ビーグレンを試してみたい方はこちら